【Python】Djangoでwebアプリケーションを構築する方法その1

こんにちは。
今回はPythonの仮想環境venv上に、Djangoで作成したWebアプリケーションを構築します。

DjangoはPython製のWebアプリケーションフレームワークです。ジャンゴと呼びます。
Djangoの公式サイトはこちらです。

この記事では、Djangoで構築したホームページを表示させる方法を書いています。

環境は、MacOS Mojaveです。
Python3を使用しています。
MacのターミナルとSublime Textエディターを使用して作成しました。

ます始めに、Pythonの仮想環境venvの準備から始めましょう。


書類などのディレクトリに仮想環境用のディレクトリを作成

$ mkdir webapp

赤字は、任意で名前をつけたディレクトリです。

仮想環境venvを構築

$ cd webapp

$ python3 -m venv webapp

仮想環境を開始

source webapp/bin/activate

もう一つの開始方法

. webapp/bin/activate

ドットの後に半角スペースを入れること!

仮想環境では、次のように頭に()でディレクトリ名が表示されます。

(webapp) ユーザ名-no-MacBook-Pro:Documents ユーザ名$

djangoバージョン2.1を仮想環境にインストール

$ pip install django==2.1

Successfully installed django-2.1と表示されます。

ディレクトリへ移動

$ cd webapp

djangoのプロジェクトを作成

firstsiteというプロジェクト名をつけました。

$ django-admin.py startproject firstsite

firstsiteへ移動

$ cd firstsite

仮想環境のサーバを起動

$ python manage.py runserver

Starting development server at http://127.0.0.1:8000/と表示されます。

ブラウザで、http://127.0.0.1:8000にアクセスし下記が表示されれば成功です。

django_install

Django:プロジェクトディレクトリを作成


ターミナルで、Ctrl + C を押して、コマンドを入力できる状態に戻します。

tabinouというディレクトリを作成します。

$ python manage.py startapp tabinou

Django:views.pyに記述


view関数は、HTTPリクエストを受け取り、HTTPレスポンスを返します。
ブラウザからアクセスされた時に、自動でDjangoサーバがview関数を呼び出します。

webapp/firstsite/tabinou/views.pyに次を記述してください。

Django:tabinou/urls.pyを作成


tabinouディレクトリにurls.pyという名前のファイルを作成してください。

webapp/firstsite/firstsite/urls.pyに赤字の記述を追記


urls.pyファイルは、tabinouディレクトリとfirstsiteディレクトリそれぞれに存在しますが、別ものと考えてください。

from django.contrib import admin
from django.urls import include, path
 
urlpatterns = [
path(”, include(‘tabinou.urls’)),
    path(‘admin/’, admin.site.urls),
]

Django:settings.pyに赤字部分を追記


エディターで開き、スクロールして下記の記述部分を探してください。

INSTALLED_APPS = [
‘tabinou.apps.TabinouConfig’,
‘django.contrib.admin’,
‘django.contrib.auth’,
‘django.contrib.contenttypes’,
‘django.contrib.sessions’,
‘django.contrib.messages’,
‘django.contrib.staticfiles’,
]

templatesディレクトリを作成


templatesディレクトリを作成して、さらにtabinouディレクトリを作成します。

$ cd tabinou

$ mkdir templates

$ cd templates

$ mkdir tabinou

index.htmlを作成


Django:サーバを起動


ターミナルコマンドcdでfirstsiteまで戻る。

cd ../../

pwdコマンドで、現在いるディレクトリを確認できます。

ターミナルで実行

$ python manage.py runserver

ブラウザでhttp://127.0.0.1:8000/を開きます。

Webアプリプログラムが動き、index.htmlで作成した下記のホームページが表示されます。

django

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください