【Python】仮想環境venvを使用してDjangoを構築する方法

今回はPython3で仮想環境を作れるvenvを使い、PythonのWebフレームワークであるDjangoを動かす方法をメモします。

仮想環境を作ってプログラムを動かすメリットは、既にパソコンにインストールされているライブラリの影響を受けない環境で、プログラムを実行できる点です。

フレームワークとは、アプリケーションを作る土台の事で、既にある一定の機能を含んでいるソフトウェアです。

Pythonで動的なWebサイトを作る時には、Djangoを使用します。



フォルダの作成


まずMacのターミナルで書類(Documents)フォルダに移動して、testjangoというフォルダを作成します。

フォルダ名は、任意のつける事ができますので、後でみた時に判別しやすい名前にした方が良いでしょう。

cd Documents
mkdir testdjango
cd testdjango

仮想環境を作ります


python3 -m venv testdjango

仮想環境を起動させます


. testdjango/bin/activate

ドットの後に半角スペースを入れます。

起動させると頭に(フォルダ名)が表示されます。

(testdjango) ユーザー名-no-MacBook-Pro:Documents ユーザー名$

ユーザー名は、ご自身のPCの名前になります。

Djangoをインストールします


pip install django==1.6

Installing collected packages: django

インストールに成功しました。

Successfully installed django-1.6

djangoのプロジェクト名をつけます

django-admin.py startproject mysite

ここで下記のエラーが発生しました。

AttributeError: module ‘html.parser’ has no attribute ‘HTMLParseError’

解決方法

djangoの異なるバージョンをインストールします。

具体的には、バージョン2.1をインストールした。

pip install django==2.1

この時バージョン1.6は、自動でアンインストールされるので問題ありません。

改めてプロジェクト名をつけます

django-admin.py startproject mysite

ここでは、mysiteという名前のプロジェクトフォルダを作成しました。

プロジェクトフォルダに移動します。

cd mysite

サーバーを起動させます。


python manage.py runserver

下記のように表示されます。

Django version 2.1, using settings ‘mysite.settings’

Starting development server at http://127.0.0.1:8000/

ブラウザでhttp://127.0.0.1:8000/を開きます。

下記の画面が表示されればDjangoの構築は成功です!

django_install

The install worked successfully! Congratulations!

公式サイトからの引用

ここでちょっと注意しておきましょう。このサーバは開発中の利用だけを考えて作られています。絶対に運用環境では 使わないでください (筆者たちの専門は Web フレームワークであって、Web サーバではありません)。

終了する時


終了させる時は、キーボードのcontrolとCを押すと、ターミナルがコマンド待ち状態に戻ります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回はMacで仮想環境を構築して、PythonのWebフレームワークであるDjangoの構築を行いました。
この記事が皆様のプログラミングの一助になれば幸いです。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください