Pythonで仮想環境を構築して、flaskを動かす方法

こんにちは、今回はPython3の仮想環境を構築して、flaskを動かす方法を学びましたので、
ここに紹介したいと思います。

使用環境はMacとターミナルです。

仮想環境用のフォルダを作成する

まず始めに仮想環境用のフォルダを作成します。
これはターミナルから作成しても、マウスで作成しても構いません。
フォルダの名前も任意のもので大丈夫です。

ターミナルでコマンドを打っていく

それでは、ターミナルを立ち上げてコマンドを打って行きます。

仮想環境の名前をつけます。

user@computer$ python3 -m venv fla

flaは、任意の名前でOKです。私は仮想環境名をflaとしました。

仮想環境を起動します。

source fla/bin/activate

または、

. 半角スペースfla/bin/activate

仮想環境を起動しました。注意して欲しいところは、ドットの後に半角スペースを打つところです。

仮想環境にflaskをインストールします。

pip install flask

起動した仮想環境にflaskというモジュールをpipを使用してインストールしました。

仮想環境でPythonのファイルを実行します。

python hellotest.py

今回は実行するとブラウザにHello, World!と表示するプログラムをあらかじめ用意しています。このファイルは仮想環境用のフォルダにあることが必要ですので、お気をつけ下さい。
またこのコマンドは、ターミナル上で打ちます。

* Running on http://127.0.0.1:5000/ (Press CTRL+C to quit)

と表示されたので、ブラウザに 127.0.0.1:5000/ を入力すると、書いたHTMLが表示されます。

中止するときは、Macの場合Control + Cを押しましょう。

POSTで値を受け取るプログラムでは、下記を記述しないと動かなかったので、必要なコードを赤字でメモしておきます。

from flask import Flask, render_template, request
from jinja2 import FileSystemLoader

app = Flask(__name__)
app.jinja_loader = FileSystemLoader('index.htmlがあるディレクトリ名')

if __name__ == "__main__":
app.run(debug=True)

from flask import Flask, render_template, request
from jinja2 import FileSystemLoader

app = Flask(__name__)
app.jinja_loader = FileSystemLoader(‘index.htmlがあるディレクトリ名‘)

if __name__ == “__main__”:
app.run(debug=True)

仮想環境を終了させる

仮想環境を終了する時

deactivate

以上がPython3で仮想環境をサクッと構築して、Webアプリケーションを試す方法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください