【Python入門】リスト(list)の復習

こんにちは。今回はプログラミング言語Pythonの基本であるリスト(list)の使い方ついて、復習を兼ねて備忘録として記事にします。

使用環境:Mac、Python3

Python:リスト(list)に項目を追加する方法


numbers = [ 1, 2, 3, 4, 5]

numbersというリストに数字の6を足したいと思います。
appendメソッドを使用します。

numbers.append(6)

結果を見てみましょう。

print(numbers)

[1, 2, 3, 4, 5, 6]



Python:リストの指定の位置に要素を追加する方法


numbers = [ 1, 3, 4, 5, 6 ]

リストnumbersの1と3の間に2を追加します。
insertを使用します。

insert(位置、追加要素)

numbers.insert(1,2)

結果が正しいか確認します。

print(numbers)
[1, 2, 3, 4, 5, 6]

位置を表す数値をインデックスと呼びます。インデックスを0から始まりますので、1番頭の値を指定する場合は、0を指定します。

 

Python:リストの末尾を削除する方法


word = [ ‘a’, ‘b’, ‘c’, ‘d’ ]

リストwordのdを削除したいと思います。末尾の削除には、pop()を使用します。

word.pop()

確認します。

print(word)
[‘a’, ‘b’, ‘c’]

 

リストにある指定の位置の値を削除する方法


word = [ ‘a’, ‘b’, ‘s’,  ‘c’, ‘d’ ]

リストwordにあるsを削除します。

pop(インデックス)を使用します。

word.pop(2)

結果を見てみましょう。

print(word)
[‘a’, ‘b’, ‘c’, ‘d’]



Python:リストの末尾の要素を指定する方法


word = [ ‘a’, ‘b’, ‘c’, ‘d’ ]

リストのインデックスを後ろから指定する際は、[-1]を使用します。

print(word[-1])
d

メモ:

リストのように値が変更できる事をミュータブルと言います。

値を変更できない事は、イミュータブルと言います。

 

リストの先頭の要素を末尾へ移動する方法


numbers = [ 6, 1, 2, 3, 4, 5]

リストnumbersにある6を5の後ろへ移動させます。

printで確認しながら進めます。

last_num = numbers.pop(0)
print(last_num)
6

print(numbers)
[1, 2, 3, 4, 5]

numbers.append(last_num)
print(numbers)
[1, 2, 3, 4, 5, 6]

 

Python:入れ子のリストから値を取り出す方法


リストの中にリストが入れ子になっています。
for文で値を取り出します。

priceのインデックスが、0ではなく1であることに注意してください。

これはfor文で取り込まれた1番目の要素ということです。

いかがでしたでしょうか?
今回は以上となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください