【Django】最初の一歩

Djangoで様々なサイトを作ることができますが、下準備となる部分を作ります。

プロジェクトの作成

まずは、プロジェクトの作成とアプリの作成を行います。mysiteという名前のプロジェクトを作成します。
Djangoのプロジェクト名は、自分の好きな名前をつけれます。

django-admin startproject mysite

アプリの作成

cdコマンドで、作成したプロジェクトのディレクトリに移動します。

cd mysite

Djangoのアプリを作成します。myappという名前にしました。アプリの名前は、自分の好きな名前を付けることができます。

現在はのこのようなディレクトリが作成されていると思います。

django

Viewの作成

Djangoのviews.pyに記述します。ブラウザにHello worldとだけ表示させます。

from django.http import HttpResponse

def index(request):
    return HttpResponse("Hello, world.")

myappアプリにurls.pyを作成します。mysiteに存在するurls.pyではなく、新しくファイルを作成します。
django

urls.pyの作成

作成したアプリのurls.pyに記述します。

from django.urls import path

from . import views

urlpatterns = [
    path('', views.index, name='index'),
]

次にルートmysiteのurls.pyで、作成したアプリのurls.pyを読み込みます。importにincludeを追加することは忘れないでください。

from django.contrib import admin
from django.urls import path, include

urlpatterns = [
    path('myapp/', include('myapp.urls')),
    path('admin/', admin.site.urls),
]

開発サーバー起動

Djangoのサーバーを起動します。Macの場合はターミナル、ウィンドウズの場合はコマンドプロンプトを利用します。

 python3 manage.py runserver

ブラウザを開くと次のように表示されると思います。
django

URLの最後にmyappを加えて、ブラウザを更新しましょう。次のように正常に先ほどview.pyに記述した内容が表示されればOKです。
django

settings.pyに追記

Djangoのsettings.pyに、アプリを登録します。

INSTALLED_APPS = [
    'myapp.apps.MyappConfig',
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
]

Migrate

migrateします。

 python3 manage.py migrate

管理ユーザー作成

管理ユーザーを作成します。

 python3 manage.py createsuperuser

ユーザ名、メールアドレス、パスワードを2回入力して、管理ユーザーを作成します。メールアドレスはスキップしても構いません。

templatesディレクトリ作成

templatesディレクトリを作成して、その中にアプリ名と同じフォルダを作成します。

今回はアプリ名がmyappなので、myappというフォルダを作成します。
myappフォルダの中に、index.htmlファイル等を作成していきます。

現在は次のようなディレクトリ構造になります。
django

以上でサイトを制作する際の、最初の設定が完了しました。

モデルを作成していないので、models.pyの記述、コマンドmakemigrations、admin.pyの記述は、まだ行なっていません。
最後までお読みいただきありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください