【Python3.5】typingモジュール  型ヒントのサポート

typingモジュールとは

typingモジュールは、暫定的に標準ライブラリに追加されたモジュールです。
Pythonのバージョン3.5で追加されました。

このtypingモジュールは、型ヒントをサポートします。

最も基本的なサポートとして AnyUnionTupleCallableTypeVar および Generic 型を含みます。

完全な仕様は PEP 484を参照してください。

型ヒントの簡単な導入は PEP 483 を参照してください。


型ヒントの例

以下の関数は文字列を受け取って文字列を返す関数で、次のようにアノテーションがつけられます.

アノテーションとは、注釈の事

def greeting(name: str) -> str:
    return 'Hello ' + name

関数 greeting で、実引数 name の型は str であり、返り値の型は str であることが期待されます。

サブタイプも実引数として許容されます。

まとめ

型ヒントとは、引数と返り値の型を記述して、定義する事のようです。

変数も型ヒントで、記述することがあるようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください